【MAI SWEET】*新作トートバック&ヘアアクセ*

こにゃんちは(・∪・)ノシ
 
今日は晴れたけど、ジメジメ蒸し暑かったですね;
晴れてほしかったけ ど、このジメジメは嫌なのぉぉ。。。
 
 
早く秋の過ごしやすい季節にならないかな~♪♫
でもそれが過ぎれば、恐怖の冬~!!!
 
季節が訪れるの~過ぎるのが早いwww
学生の時は、あんなに1年が長かったのにな....
 
 
さて、今日のfigueはお客様の恋話を聞いたり、
コースターマニアの可愛いお客さんが来たりと、
ゆっくりまったりお喋りが出来ました(*^_^*)
 
あ~やっぱりお喋り楽しい^^
お喋り好きな店長ですので、
喋りかけてOKのお客様は、ど~ぞ!話しかけて下さい(笑)
 
あんまり喋って来ないで!という方は、
そのようなオーラを出して頂ければ、感じ取ります(笑)^^
ご安心を(・∪・)!
 
 
さて、今日はPOPでガーリーな布小物が人気な、
【MAI SWEET】さんから、
可愛いトートバックや初めてヘアアクセも到着しました☆*
 
 
プレゼントとして人気の、MAI SWEET作品。
プレゼントにはひとつ入れておきたいアイテムです^^
 
 
リボン刺繍ヘアゴム ¥1200
リボン刺繍ヘアゴム ¥1200
リボン刺繍ヘアゴム
リボン刺繍ヘアゴム
大きめパーツにダークな色合いのビーズが
丁寧に刺繍されています^^
 
カッコイイ感じのスタッズ風な雰囲気に、
甘いリボンの形がとても可愛いアイテムです^^
 
 
もちろん、これからの季節にも使えますし、
淵の、ゴールドやシルバーのボーダーが
個人的にとっても好きです(*^_^*)
 
簡単なヘアアレンジも、可愛いヘアアクセで、
何倍にも素敵に見えちゃうのです^^
 
 
私も、ヘアアレンジ得意ではないのですが、
いつもfigueのヘアアクセに助けて頂いております(笑)
 
実はしゃんしゃんでも、何名かの踊り子さんは、
figueのヘアアクセをつけて踊ってくださっていて、
とっても嬉しかったです~!!!!
シンプルビーズスリーピン 各¥700
シンプルビーズスリーピン 各¥700
大きさはこんな感じ^^♪
大きさはこんな感じ^^♪
ハートヘアゴム ¥700
ハートヘアゴム ¥700
すいません。
他のヘアアクセははずした方が見やすかったですよねww
 
でも、大きさ的にはこれくらいです^^
シンプルで小さめですが、
ちょこっと耳のあたりにつけたり、
前髪を止めるだけで、とっても可愛いです♪♫
 
 
ヘアゴムも、ハートにminiリボンがついていて、
とってもガーリーですが、爽やかな色合いですよ!
 
ビーズアクセ、今とても人気がありますので、
プレゼントにも最適です^^
トートバック ¥3000
トートバック ¥3000
裏はイチゴ柄~☆
裏はイチゴ柄~☆
くまたんトートバック ¥3000
くまたんトートバック ¥3000
前回、納品して頂いた時も、
みなさんが「可愛い~!」と見て行かれたトートバックの、
デザイン違いが入荷しました(*^_^*)
 
ちょっぴりレトロなネコちゃんに、いちご柄♪
もう一方はずっと大切にしたいくまさんの柄☆*
色合いも淡く、とっても可愛いです^^
 
 
大きさは↓これくらいです↓
大きめなので、荷物もたっぷり♪♪
大きめなので、荷物もたっぷり♪♪
大きめトートなので、荷物もたっぷり入りますよ(*^_^*)
他にはない、1点物のバック達♪♫
 
新学期に備えて、新しい相棒を探しにいらしてください!
 
 
新学期に備えて!たまねぎくんのノートや、
dreamさんのマスクなど~。
 
新学期の準備はOKですか~(*^_^*)?
 
 
 
 
~雑貨屋 figue ゆかちん~
↓1日1回の応援クリックお願いしますm(__)m↓
↓ジメジメDAY、お疲れ様です(*^_^*)↓

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    John (日曜日, 22 7月 2012 05:42)

    I was very pleased to find this website. I wanted to thank you for your time for this wonderful post!! I definitely enjoy reading it and I have you bookmarked to check out new stuff you blog post.

 

 

 

 

 

 

 

◆店主のきまぐれブログ

 

作家様の紹介、新入荷の商品についてや 日々の事などなんでも書いてます*

Happy new Item

   

figueの新入荷の商品をこちらでご紹介しています*  (11/16up)

handmade

 

figueのレギュラー作家様のご紹介はこちらから*